FC2ブログ

とあるレンタルレイアウト店主の雑記帖

16番ゲージ鉄道模型とか、電子回路とか、その他いろいろ。

YouTube始めました!+保線作業のお話

こんにちは。
 昨日は予定外の更新をしましたが、今日の分はちゃんと書きます。以前からお客様にYouTubeはやらないのか?と言われていたのですが、このたびYouTubeデビューを無事致しました。


 せっかくYouTubeを見にいったのに何もない、では申し訳ないので、動画を1本だけUPしておきました。本日は保線作業について地味に書きます。


 で、現在線路の大幅な整備を行っております。この時期毎年ですが、湿度と温度の関係でしょうか。線路に問題が出やすい時期です。そこで一斉点検をして線路を整備しました。一般車両は何ともないのですが、エンドウ製E257系だけ脱線が頻発する傾向がありました。車両のせいにしてしまうのは安易な結論であるばかりでなくメーカーさんに失礼ですし、車両側をいじって解決するのはレンタルレイアウト店として良くない解決方法と考えます。店主の考え方としては、メーカー完成車両である以上は、どのような車両をお持込みになられても良好に走らなければならない、と思います。それでも若干数入線不能車両をホームページ上で指定しなければならぬ事態になっていることは痛恨の極みです。がんばります。

犬釘を打ち込みます
 たまにE257系が脱線するので確認してみたところ、2番線3番線共用ヤードの入口のポイントがわずかに浮き上がってました。犬釘を打ち込んで正しい位置に据えると全く脱線しなくなり無事解決です。釘といえばかなづちですが、モケイの犬釘はラジオペンチでつかんで差し込んでます。この方法が正しいかどうかは知りませんが、店主はこれでうまくやってます。そのほか、ポイントマシンをレイアウトから下し、ポイントマシンの整備も同時に進めております


ボルスタアンカが当たってる?
 どうもこのE257系は脱線しやすいようです。ボルスタアンカが車体側に付いているので台車に当たっているのかもしれません。しかし店主にとってはこのような困った車両は大歓迎なのです。なぜならばこの車両がちゃんと走るように線路を整備すればお客様の車両もきっと良く走るだろう、と思うからです。幸いこの車両は店主私物なので、いくらでも走行試験ができます。


3軸のタンク車
 前にも少しだけ書きましたとおり、この3軸のタンク車は明らかに車両側に問題があるのですが、これでもメーカー完成車です。3軸車でありながら中間軸に遊びが全くないので脱線するのですが、レンタルレイアウトである以上はこんな車両でもちゃんと走らなければならないと思ってます。このように線路を維持する上では行儀の悪い車両もまた大きな意味があり、このタンク車はお客様が持ち込まれたときほとんどまともに走らなかったので、線路補修のためだけにわざわざ購入したものです。今回、冒頭の動画の通り、E257系はスムーズに運転できるところまで線路の整備をしましたが、このタンク車はまだヤード9番線には入れず脱線してしまいます。このタンク車は車両側に問題があることは明らかですし、車両のどこをいじれば良くなるかもわかりきっているわけですが、メーカー完成車両である以上は車両には一切手を加えてはならない、線路側ですべてを解決せよ、という姿勢で日々整備をしてます。今日はここまで。

 当ブログはにほんブログ村のランキングへ参加しております。よろしければ下の「鉄道模型」ボタンをぽちっと押してご協力頂けますと更新の励みになります。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/20(水) 11:20:53|
  2. 雑記・未分類など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered by FC2ブログ.

FC2Ad

まとめ